リンク集

« 事の外に立つ | トップページ | 過ち »

2007年3月 8日 (木)

「過ち」解説ページ

「過」を「新字源」で検索すると、“ゆきすぎる、ひいて、度を越す意を表わす。転じて「あやまち」の意に用いる”とありました。

今週はその「あやまち」についての記事を「論語」の中から抽出してお伝えします。

それで今日現在は、以下の字句を配置しての草稿段階につき、本文記事のご高覧は週末までお待ちいただきたく。また、この解説ページと過去の記録よりどんな記事か?と、ご推察いただくのも一興かと!?

先ずは字句の解説です。
●過則勿憚改(過(あやま)てば則(すなわ)ち改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(な)かれ)
「論語」の「子罕篇(しかんへん)」(子(し)(まれ)に、と始まる篇(へん))にある章で、読み下し文は「子(し)(いわ)く、忠信(ちゅうしん)を主(しゅ)とし、己(おのれ)に如(し)かざる者を友とすること毋(な)かれ。過(あやま)てば則(すなわ)ち改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(な)かれ」。とあり、また、その意味は「忠実と誠実を、主要な道徳とせよ。自分に劣る者を友とするな。過失を犯したら、躊躇(ちゅうちょ)なく改めよ」。という孔子のことばです。

●過而不改、是謂過矣(過(あやま)って改(あらた)めざる、是(これ)を過(あやま)ちと謂(い)う)
「論語」の「衛霊公篇(えいれいこうへん)」(衛(えい)の霊公(れいこう)、と始まる篇(へん))にある章で、読み下し文は「子(し)(いわ)く、過(あやま)って改(あらた)めざる、是(これ)を過(あやま)ちと謂(い)う。下手な解説・解釈は無用かと存じますが、『角川新字源』には「過(あやま)って」の部分が「過(あやま)ちて」になっており、「あやまちは、改めれば、あやまちとはならない」。とあります。

●欲寡其過(其(そ)の過(あやま)ちを寡(すく)なくせんと欲(ほっ)して)
「論語」の「憲問篇(けんもんへん)」(憲問恥。すなわち憲(けん)、恥(はじ)を問うと始まる篇)にある章で読み下し文は「蘧伯玉(きょはくぎょく)、人(ひと)を孔子に使いす。孔子、之(これ)に座(ざ)を与えて問う。曰(いわ)く、夫子(ふうし)(なに)をか為(な)す。對(こた)えて曰く、夫子は其の過ちを寡(すく)なくせんと欲して而(しか)も未(いま)だ能(あた)わざる也(なり)。使者出(い)づ。子曰く、使いなる乎(かな)、使いなる乎」。とあり、
その意味は、「蘧伯玉の用事を伝えに来た使者に、孔子は座布団を与え座らせて問うた。ご主人は何をしておられる?これに対して使者は、主人は過失を少なくしようと心がけながら、充分にできない。と申しておりますと答えた。使者が退出すると、使いなるかな。使いなるかな。すなわち、立派な使者だ!と孔子がほめた。
それは使者の言葉をほめるとともに、使者をして自然にこの言葉を吐かせた蘧伯玉をほめたのである。

以上、『論語』上・中 吉川幸次郎(著) 中国古典選(3)\440アマゾンへ&(4)\330アマゾンへ 朝日文庫からの引用を主にお伝えしました。

●触覚系
実際に触ってみたり、調べたりすることによって理解するタイプ。
カタログやテキストを見たり、読んだりするよりも直ぐにやってみる、試してみるなど実際に触って体験を重ねることによって学習効果の上がるタイプ。
また、手を使って仕事をしたり、もの作りをするのが好きなタイプ。

●プロモーター・タイプ
全体を盛り上げるムードメーカー。
周囲を巻き込んで、楽しいこと、活気のあることをするのが好き。
頭の回転が速く、アイデアも豊富な反面お調子者と批判を受けることもある。
変化や混乱に強く、先見の明があるので、順応性は高いが、やや飽きっぽいところがある。

●アナライザー・タイプ
情報収集・分析が得意な戦略家。
失敗すること、間違いを犯すことに対して恐れを感じたり、他人の評価を過度に気にする部分があり、人からのフィードバックや情報も深刻に考えがちになるタイプ。
常に周囲を観察し、ものごとを客観的にみることができ、いろいろな情報を持っていて、知識も豊富。
ものごとの計画を立てるのが大好きで完璧なプランを作るのですが、突発的な事態への対処、不確定要素が多いことには苦手意識を持っている。

タイプについての特徴は、『会話から始めるコーチング』 伊藤 守(著) 大和書房アマゾンへの中から、自己の気付きと体験にもとづき抽出しました。

●蘧伯玉(きょはくぎょく)
名は蘧瑗(きょえん)。春秋時代の衛(えい)の賢大夫(賢者の家老)で孔子の尊敬する人物の1人。
「荘子」の則陽篇(そくようへん)には「蘧伯玉、行年(こうねん)六十にして六十化す」(蘧伯玉はよわい60を数えて60回も己の生き方を新しく変えた。つまり60歳になっても進化しようと努力をし続けた)とある。

« 事の外に立つ | トップページ | 過ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「過ち」解説ページ:

« 事の外に立つ | トップページ | 過ち »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ