リンク集

« 匡(きょう)に畏(い)す | トップページ | 匡に畏す Part2 »

2007年11月22日 (木)

「匡に畏す」Part2 解説ページ

Chihousai071028021 画像は、先月の28日に撮影したもので、吾が故郷――田舎のお祭り――地方祭の一幕です。

さて、今週は、先週に引き続き、孔子が匡(きょう)という邑(むら)で恐ろしい目にあった事件についての第2段、孔子の強い自信――自己信頼――が読み取れる条をお届けします。

では、例によって、『論語』 吉川幸次郎(著)  中国古典選3 朝日文庫 「子罕(しかん)第九」から訓読を引用し、その現代訳を同書をもとに要約してお届けします。

(し)、匡(きょう)に畏(い)す。曰(い)わく、文王(ぶんおう)(すで)に没(ぼっ)す、文(ぶん)、茲(ここ)に在(あ)らざらんや。天(てん)の将(まさ)に斯(こ)の文(ぶん)を喪(ほろ)ぼさんとするや、後死(こうし)の者、斯(こ)の文(ぶん)に与(あず)かることを得(え)ざる也(なり)。天(てん)の未(い)まだ斯(こ)の文(ぶん)を喪(ほろ)ぼさざるや、匡人(きょうひと)(そ)れ予(わ)れを如何(いかん)

現代訳は、

孔子が匡という邑で生命の危険にさらされたときに言った。「文王が既に亡くなった今、文明の担い手は、私より他にあるはずがない。もし、天が文明の滅亡を望んでいるとしたら、文王より後の時代の人間である私が、文明の伝統に参与できなかったであろう。

しかし、現に私が文明の伝統に参与しているということは、天が文明の滅亡を望んでいないということである。そんな文明の継承者である私を、匡の人々が、天の意思に背いて、どうにかしようと思っても、どうすることもできない!」。

いかがですか。
すごい自信ですねー。

男なら一度は言ってみたい文句ですね。
もちろん、女も!

居たなー、そんな彼女。
身近に。

しかし、彼女はその自信が墓穴を掘ることになるであろうとは考えていなかったのかな。

裏返せば、彼女の場合はそうすることによってしか自己主張ができなかったのかも。

閑話休題

同書には次のような吉川博士の解説がある。

・この条は、孔子が次の2つのことを確信していたことを示す。

① 人間の文化は永遠であり、不滅である。したがって、たとえ一時的に文化が暴力に脅かされることはあっても、文化はついには暴力に勝つ。

②この永遠の文化の、今の担い手は自分をおいて他にはいない。

・孔子の容貌が、かつて匡の土地に入って、乱暴をはたらいた陽虎(ようこ)という侵略軍の大将に似ていた。
また、このときの孔子の馬車の馭者が陽虎の侵略に従軍していた弟子の顔克(がんこく)であった。
そのため土地の人々がまたもや陽虎がやって来たと誤認し、兵器を持って孔子を取り囲んだ。

・文王とは、周王朝の創始者文王姫昌(きしょう)であって、文王と諡(おくりな)されるごとく、文明の創始者であった。

・この条は述而篇(じゅつじへん)
「天(てん)(とく)を予(わ)れに生(な)せり、桓魋(かんたい)(そ)れ予(わ)れを如何(いかん)
とあわせて考えるべきであって、「史記」の「「孔子世家」は、この条の方を、56歳で故国の魯を見捨ててのち、ほどなくのこと、述而篇の災難を、さらに数年のちのこととする。

蛇足ながら、「角川新字源」からは、次のような人名に関するものしか発見できませんでした。

【文王】ぶんのう(わう):周朝の最初の天子。武王の父。名は昌(しょう)。殷(いん)朝に仕え、西方諸国を従え、西伯と称された。その死後、武王が殷をほろぼして周を建て、とうとんで文王とおくり名した。

【陽虎】よう(やう)こ:人名。春秋時代、魯(ろ)の季氏の家臣。字(あざな)は貨。政権をもっぱらにしたが、敗れて斉・晉(しん)に逃亡した。

【桓魋】かんたい:春秋時代の宋(そう)の大夫。向魋(しょうたい)の別名。孔子を殺そうとした。〔論・述而〕

今週は何が言いたいかというと、先の「匡に畏す」で言い忘れていたこと、
それと、強い自信、自己信頼についての「気づきと体験あれこれ」を振り返ってみよう!と考えました。

そこであなたに質問です。
あなたが、まだ言い忘れている大事なことが1つだけあるとすればそれは何ですか?

私が言い忘れていた、恐ろしい体験と気づきについては、週末までお待ちください。

« 匡(きょう)に畏(い)す | トップページ | 匡に畏す Part2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「匡に畏す」Part2 解説ページ:

« 匡(きょう)に畏(い)す | トップページ | 匡に畏す Part2 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ