リンク集

« 忠恕(ちゅうじょ) | トップページ | 進(すす)むは吾(わ)が往(ゆ)く也(なり) »

2008年2月22日 (金)

「止むは吾が止む也」解説ページ

Ran0802091 ある人曰く、

何がコーチングや!
最新のマネジメントスキルや。

そんなものは、昔から在る。
我々にしたら当然のことで、取立てでいうほどのものでもない!と。

至極ごもっとも。

コーチングは新しく開発されたコミュニケーションスキルでも、また、マネジメントツールでもない。
選手を育てることが上手なプロのスポーツコーチや先人の優れたコミュニケションスキルを観察して体系化したものである(らしい)。

そのコーチングがアメリカから日本に入ってきて10年になる(という)。
十数年前までの日本はバブルに浮かれていた頃であり、コーチングを必要としなかった。

それ以前は冒頭の言葉が自然に出てくるような素晴らしい先輩・上司や、リーダー、マネジャーがいてコーチングとかコミュニケーション・スキルなどというものとは無縁の時代であった。

では、そんな素晴らしい先人は何をどのように学んでいたのであろうか?
と、考えていたときに目に入ったのが、論語の「子罕第九」にある次の一章であった。

その章の訓読と現代訳、ならびに解説を、『論語上』 吉川幸次郎(著)  中国古典選3 朝日文庫からの引用を主に、適宜、割愛、要約などの加工を施してお届けします。

まずは、訓読です。

(し)(い)わく、譬(たと)えば山(やま)を為(つく)るが如(ごと)し。未(い)まだ一簣(いっき)を成(な)さざるも、止(や)むは吾(わ)が止(や)む也(なり)。譬(たと)えば地(ち)を平(たいら)かにするが如(ごと)し。一簣(いっき)を覆(おお)うと雖(いえど)も、進(すす)むは吾(わ)が往(ゆ)く也(なり)

続いて、その現代訳です。

孔子が言った、たとえば築山をつくるようなものであって、ほとんど完成に近づき、もう一もっこ(一簣(いっき))分だけで完成するというときに、そこで止めてしまえば、それは自分自身が止めるのである。

また、たとえば地ならしをするようなものであって、はじめの一もっこの土を、地上にあけただけであっても、その進歩は自分自身の前進である。

次は、吉川博士の解説です。

・行動は、あくまでも自己の努力に出で、自己の責任に帰することを説いた章である。

・「其の止まるも、その往くも、皆我に在りて人に在らざるなり」と読むのは、新注の説である。

・古注は、もう一もっこというところで止めた者に対しては、吾、すなわち孔子も賛成しない。
また、一もっこでも前進したものに対しては、吾、すなわち孔子も、その前進をたすけたい。
つまり、「止まれば吾れも止めん、進まば吾れも往かん」と読むが、その説に私はいま従わない。

私も古注を採用せず、新注の説をとりたい。

なぜなら、その説がコーチングのポイントであるところの、

「いま、ここ、この状態は誰のせいでもない、自ら招いたものである。」

ということに気づいて、それを受け入れる心が肝要であるからだ。

その考えを受け入れることができると、次の視点にも気づく。

「自ら招いたものは、自らの手で解決できる」

そこで質問です。

あなたが、他責にしていることはどんなことですか?

それを自責と考えると何が変わりますか?

※画像は、秋田の友人からのプレゼントで、2月9日付けのメールに添付されていたものです。

「元気ですか」
と案じていただいたときに、私は、風邪と格闘しておりました。
自らの不摂生が招いたものです。

さらに、次のように続いていた。

こちらは真冬日が続き寒さは厳しいです。
でも、雪は少なめで除雪の手間がかからず、生活は苦になりません。

今日は蘭展に行ってきました。
花を見ると気持ちは春になります。

明日はスキーおじさん!
頑張って行って来ます。

こちら愛媛の今日は上天気!
でしたよ~ん。

この上天気もオイラが招いたものかな~

« 忠恕(ちゅうじょ) | トップページ | 進(すす)むは吾(わ)が往(ゆ)く也(なり) »

コメント

行動は、あくまでも自己の努力に出で、自己の責任その通りだと思います。
目的があればそれを完遂、約束は守るのが当たり前、途中で投げ出すのはだめ。
人生終わるまで進歩するもの。一日一日、一歩一歩歳を重ね天寿するもの。

名無し 様
コメントありがとうございました。

目的と目標の違いは何でしょうか?

目標の未達や約束の不履行が起きる要因には、どんなことがありますか?

日々進化し続けて天寿を全うすべし!
と、仰るお考えに両手をあげて賛成です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「止むは吾が止む也」解説ページ:

« 忠恕(ちゅうじょ) | トップページ | 進(すす)むは吾(わ)が往(ゆ)く也(なり) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ