リンク集

« 言不盡意(げんはいをつくさず) | トップページ | 不由径(こみちによらず) »

2008年3月28日 (金)

「不由径」解説ページ

Ran0803036  画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 私には、「お前、少し肩の力を抜いたら?」
と、言ってもらった記憶はあるが、

他人の悪口をいったり、上司のご機嫌伺いなどに出向いていったという記憶は乏しく、限りなく「0」に近い。

が、暮夜に門を叩かれた記憶はある。

 叩く門はないし、夜分でもなかったが、とある業者に、自宅まで押しかけられたことがある。

そして、「近道したら?」
という類の言葉を愚妻以外から始めて聞いた覚えがある。、

 その詳細については、週末にお届けするとして、
今日は、古今の中国では当然の如く行われていたであろうし、つい最近でも刑に服する人数が夥(おびただ)しい限りであると聞く収賄容疑、それをしなかった男の話。

 その話を、『論語』 吉川幸次郎(著)  中国古典選3 朝日文庫 「雍也(ようや)第六」からの引用を主に、読みやすく、理解しやすい形に加筆・割愛して、訓読とその現代訳、ならびに吉川博士の解説をお届けします。

 先ずは、訓読(読下し文)です。

子游(しゆう)、武城(ぶじょう)の宰(さい)と為(な)る。
(し)(いわ)く、女(なんじ)、人(ひと)を得(え)たりや。
(いわ)く、澹台滅明(たんだいめつめい)なる者(もの)(あ)り。
(ゆ)くに径(こみち)に由(よ)らず。
公事(こうじ)に非(あら)ざれば、未(いま)だ嘗(かつ)て偃(えん)の室(しつ)に至(いた)らざる也(なり)

 その現代訳です。

弟子の子游(しゆう)が武城(ぶじょう)というまちの市長になったとき、
孔子が「君はそこで立派な人物を発見したか?」と問うた。
子游(しゆう)はそれに答えて、「姓は澹台(たんだい)、名は滅明(めつめい)という者がおります。
彼はむやみに近道を歩くようなことはいたしません。
また、公務でない限り、私の私宅を訪問したことは1度もありません。」と言った。

 続いて吉川博士の解説です。

・武城(ぶじょう)とは、魯(ろ)の領内のまちの名であって、いまの費(ひ)県の南西八十里にあったという。

・「女得人焉耳乎(なんじひとをえたるか)」。焉耳乎と3つの助字が並んでいるのは、孔子の語気を、そのまま映そうとしたのである。

・径(けい)とは、近道の意であり、田の中のみちは、大体碁盤目のように真四角であるが、三角形の二辺を一辺に縮める近みちとしてあるのが径(けい)である。そこをむやみに歩くのは、治安を害するものであったという。

・偃(えん)、いうのは子游(しゆう)の実名である。

・澹台滅明(たんだいめつめい)なる人物は、字は子羽(しう)、孔子より若きこと39歳、大変な醜男(ぶおとこ)であった。

孔子は、この弟子にあまり注意を払わなかったが、後に名声を諸侯の間に高めたので、「吾(われ)(げん)を以って人を取(えら)べば、これを宰予(さいよ)に失(たが)えり。貌(かお)を以って人を取(えら)べば、これを子羽(しう)に失(たが)えり」と嘆息した、と見える。

 また、貝塚茂樹博士がその著 『論語現代に生きる中国の知恵』 講談社現代新書にて、この章の解説で述べておられる一部を紹介すると次の通りであり、冒頭の一節もご理解いただけるかと。

決して近道を歩かないし、自分の部屋にも来ない、つまり、他人の悪口をいったり、城主である子游(しゆう)のご機嫌伺いに来たりしない、こういうことは非常に立派なことですから。

 さらに、安岡正篤翁が、その講演録 『論語の活学』 プレジデント社にて、この章の解説で語っておられる一部を紹介すると次の通りで、こちらも冒頭の意味がご理解いただけるものかと。

役人は手っ取り早く仕事をしたがる、何か巧(うま)い手がないかと狡猾(こうかつ)な策を考えたがる傾向がある。そして自分が好(い)い子になろうとして、ともすれば暮夜門を叩きたがる(註・権門勢家をひそかに訪れること)。

この問答は実に言外の味が深いではないか。言偃(げんえん)(字は子游)の武城における治風もゆかしく出ている。

 さて、そこで質問です。
あなたの体験談で、「実に言外の味が奥深い!」と感じたのは誰のどんな言葉ですか?

« 言不盡意(げんはいをつくさず) | トップページ | 不由径(こみちによらず) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「不由径」解説ページ:

« 言不盡意(げんはいをつくさず) | トップページ | 不由径(こみちによらず) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ