リンク集

« 切切偲偲(せつせつしし) | トップページ | 多聞(たぶん) »

2008年9月 6日 (土)

「多聞」解説ページ

Nikkoukisuge0807073  画像は秋田の友人からのプレゼントで、
ニッコウキスゲです。

 「多分、私は、特急列車で行く日帰りの旅『』に行かないと思う」
と、Sさんがアサーティブに表現していてくれたなら、

 「そうか、Sさんは行きたくないんや、行けないんやー」
と、私は判断して、多くを聞かなかったかもしれない。

 しかし、彼女はその言葉を選択しなかった。
いや、何らかの事情で言えなかったのであろう。

 それは、「断ると自分の立場が悪くなる!」
と、彼女は自分で判断したのかもしれない。

 それとも、「言外の言葉」を察してくれるハズ!
と思ったのかもしれない。

 で、彼女が選択したのは、「明日電話をする」という言葉であった。

 それが結果的に、私をはじめとした他の参加者にも迷惑をかけることになり、彼女自身の評価を下げることになるとは、彼女は考えなかったのであろうか?

 彼女は仕事柄、多くの人に会い、多くのことを聞き、そんなことは識っているハズなのに……。

と、またまた、しつこく話を蒸し返すには、わけがある。

 「多分」と書けば、「たぶん」と読み、その意味は多分お分かりになると思う。

 では、「多聞」と書けば?
ということで、選択したのが次の論語の章です。

 早速、『論語』 吉川幸次郎(著)  中国古典選3 朝日文庫 の「述而第七」から、引用を主に、多少の加工を施した訓読と現代訳、ならびに吉川博士の解説をお届けします。

 まずは、訓読、すなわち読下し文です。

(し)(いわ)く、
(けだ)し知(し)らずして之(これ)を作(つく)る者(もの)(あ)らん。
(われ)は是(これ)(な)き也(なり)
(おお)く聞(き)き其(そ)の善(よ)き者(もの)を択(えら)びて之(これ)に従(したが)い、
(おお)く見(み)て之(これ)を識(しる)すは、
(し)るの次(つ)ぎ也(なり)

 次に、その意味、すなわち現代訳です。

孔子が言った。
知性を充分にはたらかせず、直感だけに頼って、創作をする者があるであろう。
私は、そうした態度をもたない。
多くのことを聞いて、その中から優れたものを選んでそれに従う。
また、多くの書物や事柄を見て、それらをおぼえておく、
こうした態度は、完全な知性の人間とはいえなくとも、それに次ぐ者である

 続いて、吉川博士の解説です。

・「知」とは、知性のはたらきを意味し、「作」とは、創作を意味する。

・孔子自らがそれであるとは、文章の表面には見えないが、じつは自らをそれとすることは、充分に、文章の裏に見える。自信と謙遜が、嫌味なく絡み合った、巧みな、例の言い方である。

・「多く聞きて」ののちには、「其の善き者を択びて」といい、「多く見て」ののちには、それがないが、後者も、「其の善き者を択びて、之を識す」であることは、いうまでもない。

 このように吉川博士は結んでおられる。

 では、吉川博士の解説と他の書籍や辞書との違いは?
と、「角川新字源」で調べてみた結果は次の通りであった。

【多聞】一.たぶん:見聞が多い。博学である。また、その人。〔論・季氏〕「友直、友諒、友多聞、益矣」
二.たもん:多聞天。四天王の1つ。福徳を守り、北方の天を支配している

 また、「蓋し知らずして」の蓋(けだ)しとはどんな意味であろうか?と思い、「角川新字源」の助字解説を見た。

【蓋】がい:けだし。 ア)たぶん。思うに。だいたいの見当で述べる。 イ)そもそも。いったい。言いだしのことば。(他の詳細は割愛) 

 では、「之(これ)を識(しる)す」の識すは?と、「角川新字源」の同訓意義を検索すると、そこには「しる」として次のように記載されていた。

【識】しき:ひととおりのことをがてんし、見しる。見分ける。「知」より軽い。

【知】:物事の深い底を、じゅうぶんに合点する。物の区別が心にはいる。

 さらに、同書には「しるす」として、次の通り吉川博士とほぼ同じ意味が書かれていた。

【識】:心におぼえる。

 では、あなたにお伺いします。
「知識」とは?
「見識」とは?

 また、「識見」、「識量」とは?」
それぞれ、どんな意味として認識していらっしゃいますか?

« 切切偲偲(せつせつしし) | トップページ | 多聞(たぶん) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「多聞」解説ページ:

« 切切偲偲(せつせつしし) | トップページ | 多聞(たぶん) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ