リンク集

« 濯濯(たくたく) Part4 | トップページ | 三年学びて »

2009年2月19日 (木)

「三年学びて」解説ページ

Gankou0902023 画像は秋田の友人からのプレゼントで雁行です。

 「今日が最後のクラスです。」
「その最後のクラスをみなさんとこんなに楽しく学ぶことができ、最高です!」
という言葉は幾度となく耳にした。

が、3年間学んで何を得たか?
どのように変容したか、どんな成果を得たのか、
という話はトンと耳にしない。

 『論語・』 吉川幸次郎(著) 中国古典選3 朝日文庫の「泰伯第八」には次のように書かれているのに……、ということで、同書から、訓読(読下し文)とその現代訳、ならびに解説を読みやすく、わかりやすい形に加工してお届けします。

 まずは、訓読、すなわち読下し文です。

(し)(いわ)く、
三年(さんねん)(まな)びて、
(こく)に至(いた)らざるは、
(え)(やす)からざる也(なり)

 次に、その現代訳です。

1.三年間学問しながら、善に到達しないものは滅多にない。

2.三年間勉強した結果として、俸給を欲しがらぬもの、つまり、学問を続けたいというものは滅多にいない。

3.三年間勉強した結果として、官吏として俸給を得べき資格に到達しないものは滅多にいない。

 続いて、吉川博士の解説です。

・およそ3つの説がある。

・「穀」を「善」と読み、三年間学問しながら、善に到達しないものは、めったにない。それが古注に引く孔安国(こうあんこく)の説である。

・「穀」を「俸禄」と読み、三年間勉強した結果として、俸給を欲しがらぬもの、つまり、大学を卒業しても、就職を希望せず、学問を続けたいというもの、それはめったにない。それが朱子の新注の説である。またちかごろ再発見された鄭玄(じょうげん)の注の説も、期せずして朱子の説と、同じい。

・第三に、「穀」をやはり「俸禄」の意味とするが、三年間勉強した結果として、官吏として俸給を得べき資格に到達しないもの、それはめったにいない。つまり、三年間の勉強は、社会人としての地位を、おのずから保証する。これは、皇侃(おうがん)の「義疏(ぎそ)」に引いた東晋の孫綽(そんしゃく)の説である。

・私は、第三の説を、もっとも好み、従ってそれによって、この条を読んでいる。

 では、他の人はどのように読んでいるのであろうか?
と思い、まず「角川新字源」を見てみると、

【穀】コクの意味6として、
よい(善)〔論・泰伯〕「不至於穀」
とあり、古注の説が記載されていた。

 ちなみに、同書の、【穀】コクの意味2には、
「穀」を「俸禄」と読む例示として〔論・憲問〕「邦有道穀(邦に道あれば穀す)
という一節、すなわち憲問第十四の篇名となった条が掲載されていた。

 また、『論語の活学』 安岡正篤(述) プレジデント社には次のように記載されていた。

穀は食禄である(穀を善と解する孔安国の説もあるが)。たいてい少し勉強すると、すぐに相応の位禄を求めて落ち着いておれぬものであるが、そういうことを念頭に置かぬというような者は滅多に得られぬ。その滅多に得られぬような者が最も得たいのである。

 んっ、
安岡正篤翁の説は、吉川博士の解説にある第二の読み方に近い。
これが,安岡正篤人間学の真骨頂!
と考える私は思わずニコリ。

 では、と現実に目を転じれば、
三年間、いや、六・三制で9年間学んだ、否、6年間、すなわち小学校を出ただけで善に到達する者もいれば、六・三・三・四と都合16年間学問しながら、善に到達しないものも居る。

 また、16年間学問しながら、官吏として俸給を得べき資格に到達しない者も多く、社会人としての地位という吉川博士の言葉が何を意味するか?浅学非才の身には理解に苦しむが、仮に、学び終えたりといえども、希望の職はおろか、職に就くということすら、保証されないという昨今の現状には隔世の感が否めない。

 そのように思いを巡らせば、たとえ社会人として3年間学んだとしても、どんな環境の変化や、行動の変容が起こったのか?
という暗黙の問いに対する明快な答えを聞く機会が得られないとしても、あながち不思議な現象とはいえないかもしれない。

 そこで、あなたにお伺いします。
あなたは、この三年間で何を学んで、どんな成果がありましたか?

« 濯濯(たくたく) Part4 | トップページ | 三年学びて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三年学びて」解説ページ:

« 濯濯(たくたく) Part4 | トップページ | 三年学びて »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ