リンク集

« 恕(じょ) | トップページ | 仕学並長(しがくならびちょうず) »

2009年7月23日 (木)

「仕学並長」解説ページ

Sanyasouten0905249_2  画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 君らが卒業して職に就いたら、
初めてもらうた給与の幾らかは
感謝の気持ちを添えて両親にプレゼントするんや。

な~んもそれは現金でのうてもいい。
品物でもええんや。
「ありがとう」という感謝の気持ちを込めて送ることが大切なんよ。

 それとな、将来のために、少しずつでもいいから貯金するんや。
その金額は、そうやなぁ~、収入の1割ぐらいでいい。
それぐらいなもんでええから、毎月、給料もらうたら貯金をするんや。
どんなことがあってもな。

 それから、少し余裕ができたら学ばにゃいかん。
学校を出たら、もう勉強せんでもええ。
楽になると思うたら大間違いや。

人間一生学ばにゃならん。
それを忘れて、赤い灯・青い灯の誘惑に負けるもんが多いんが現実や。

 卒業とは、終わりじゃないんよ。
新たな始まり、スタートなんよ。
それを忘れんようにな。

それを忘れ、誘惑に負け、毎晩飲み歩いて体壊すなよ。
社会には様々な誘惑が多いからな。

 こんな一方通行の話を聞いた記憶が遠い昔に私にはある。
それは今を去る45年前のことであり、古文担当の教師からであったと記憶している。

 その教師の日頃の授業は、面白味も味わいもなく、素っ気いないものであった。

そんな印象・記憶しか私には残っていない。
が、この一説だけは何故か妙に現在も記憶に残っている。
そのしみじみとした語り口とともに。

 そこで、今日は、「仕事に就いて余裕ができたら学べ」という論語の条を! と思い、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選5 朝日文庫を見た、といえば、耳障りはいい(笑)。

が、実は、これは「優しさ」について述べられている論語の条を検索中に遭遇した中の1条である。

 早速、いつもどおり同書からの引用を主に、「子張第十九」にあるその条の訓読(読下し文)と現代訳、ならびに著者の解説を読みやすく、わかりやすい形に加工してお届けします。

 まずは、訓読、すなわち読下し文です。

子張しちょう(7/26 訂正)子夏しかわく、
つかえて優ゆうなれば則すなわち学まなび、
なびて優ゆうなれば則すなわち仕つこう。

 次に、その現代訳です。

子張(7/26 訂正)子夏が言った。
仕官して余裕ができたら学問をしない。
学問をして余裕ができたなら仕官しなさい。

 続いて、吉川博士の解説です。

・「仕」とは役人となって奉仕すること。

・「優」とは余裕ができること、北野本に「ゆたか」と訓ずる。

・役人として奉仕しながら、余裕ができたならば、学問をせよ。それが前半の意味であって、古注の馬融ばゆうは「行うて余力有らば、則ち以って文を学ぶ」と、学而第一の言葉をそのまま引いて、注とする。

・また学問をして余裕ができたならば、役人となれ。それが後半の意味である。

・学問による自己の修養と、社会への奉仕と、この二つが君子の責務であって、いずれを先にするかは、場合場合によって違うが、両者は並存しなければならない。

 おぉー、
なるほど、「優」とは余裕。

人は余裕、ゆとりがなければ優しくなれないし、
相手や回りのためを考えた仕事もできない。

ましてや学ぼう!
という気も起こらない。

キーワードは「優」。

優しさ、余裕があってこそ、学問による自己の修養と、仕事を通して社会への奉仕とが並び立つ。

 んっ、
余裕があってこそ夜の街へも通うことができるし、
赤い灯・青い灯への奉仕・投資も(笑)?

そして、それはそれで一種の社会学習!
と推奨する方々もいらっしゃる。

 ちなみに、タイトルの言葉を「角川新字源」で検索すると次のように記載されていた。

【仕学(學)並(竝)長】しがくならびちょうず 役人としての才能と学問とがともにすぐれる。〔論・子張〕「仕而優則学、学而優則仕」

 う ~ん、
ここでも「仕」とは役人。

しかし、【仕】には、
「士(官職に従事する者)に人を増し加えて、名詞の士と区別し、おもに動詞として用いる」
という「なりたち」が角川新字源には記載されており、
また、その意味として「①つかえる(つかふ)。③つとめる(勤)」とある。

ならば、「仕」とは、広義には仕事を通しての社会への奉仕と考えれば、たとえ民間企業へ勤めていたとしてもそれは「仕 」。

ホントに(笑)?

 では、あなたにおうかがいします。

あなたは、今の仕事に「優」、すなわち余裕(ゆとり)ができたなら、
先ず、何を始めますか?

« 恕(じょ) | トップページ | 仕学並長(しがくならびちょうず) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仕学並長」解説ページ:

« 恕(じょ) | トップページ | 仕学並長(しがくならびちょうず) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ