リンク集

« 即戎(そくじゅう) | トップページ | 礼譲(れいじょう) »

2009年8月27日 (木)

「礼譲」解説ページ

Kantoumatsuri0908062 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 「おまえ、昨日、Sさんの葬儀に行ったか?」

「えっ、Sさんの葬儀?」
「あっ、すみません、忘れていました。」

「なにやぁー、忘れていましたで済む問題か!?」
「おまえ、Sさんに生前どれだけお世話になった?」

「…。」

 「おまえ、もう忘れたか?」
「おまえがまだ駆け出しの頃、何度もM社へ足を運んだけど、
だ~れも相手にしてくれんかったことがあったわいの。」

「あのとき見かねたワシが、Sさんに頼み込んで、おまえに引き合わせたことがあったけど、あの日のことをおまえ覚えとるか。」

「はい、よく覚えています。」

「おぉー、そうか。」
「じゃあー、どうしてSさんの葬儀に行かんかったんや?」

と、営業本部長のTさんは、部下のK課長に対して、礼を失したそのわけを問い詰めた。

 そこで、今日は「礼」に関する一条を、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選3 朝日文庫の「里仁第四」から抽出し、その訓読(読下し文)と現代訳、ならびに吉川博士の解説を読みやすく、わかりやすい形に加工してお届けします。

 まずは、訓読、すなわち読下し文です。

わく、
く礼譲れいじょうを以って国くにを為おさめん乎、何なにか有らん。
く礼譲れいじょうを以って国くにを為おさめずんば、礼れいを如何いかん

 次に、その現代訳です。

孔子が言った(先生の言葉である)。
礼に適った統治を行えば、国を治めることぐらい、何の難しいことがあろう(簡単なことである)。
しかし、それができないとなれば、礼、つまり人の守るべき道、社会生活上の秩序や慣習、文化などをどうしよういうのだ。

 続いて、吉川博士の解説です。

・「礼譲」の譲の字は、だいたい謙遜という意味にあたる。
謙遜は礼の重要な要素であるから、礼譲という言葉が生まれたと思われるが、二字はおそらく密接にくっついた複合語であって、じつは、礼、とただ一字でいう場合と、意味に大差はないであろう。

・「左伝」の襄公十三年に、譲は礼の主也、謙遜は礼の中心、という言葉がある。

・この条の意味は、もし、礼によって国家を為おさめる気になり得るならば、国家を治めるぐらい、何のむつかしいことがあろう、それは至ってたやすいことであるであろう。
反対にもし、礼でもって政治をする気になり得ないとするならば、せっかく人間の文化の結晶として存在する礼を、どうしようというのか、礼が泣くではないか。

・「何有」、何か有らん、とは、難からざるをいうなり、と古注に見える。

・「如礼何」、といういいかたについては、人にして仁ならずば、礼をいかん、「人而不仁、如礼何」、という句が、まえの八佾篇はちいつへんに見える

 んんっ、
冒頭の話、すなわち営業本部長のTさんが部下のK課長に対して詰問していたその訳は、

どんな事情や状況、要因があったにせよ、
Kさんが苦しいとき、辛いとき、しんどいときにお世話になった恩人の葬儀に参列しなかったという事実に対して、
それではあまりにも非礼であり、義に欠ける行為である、
そんな営業課長がいる企業の先行きは思いやられるし、
それよりなによりも、「部下のK課長本人のためにならん!」
とTさんは判断して厳しく問い詰めたのでしょうか…。

 そこで、この条に関する熟語を「角川新字源」で検索してみた。
が、残念! この条についてはどの語句も、同書にはその記載を発見できなかった。

 では、と「広辞苑」にてタイトルの熟語を検索すると、次のように記載されていた。

れいじょう【礼譲】他人に対し礼をつくしてへりくだること。

 う~ん、
もの足りない!
依然として消化不良。

 そこで、他の本では? と、この条に関する掲載を探してみると、
安岡正篤翁が次のように述べておられる解説に出合った。

美しい道義的精神をもって国を治めたならば何でもない、必ず治まる。
もしそれができないとういふようなことでは、人間の世の中の美しい道義であるとか、その表現である秩序・文化といふようなものは何もならぬではないか。

かう孔子が言ってをられるのでありますが、間違ひのない卓見であります。(『朝の論語』 明徳出版社)

 うーん、
吉川博士の解説より、こちらの方が私にはしっくりくる。

 おっ、そういえば、
「美しい国づくり」を提唱していた宰相が過去にいた。

 彼は、この安岡正篤翁の言葉を知っていたのであろうか?
それとも、官僚か誰かの提言であったのだろうか…。

 そこで、あなたにおたずします。
あなたは、「美しい国づくり」のために何ができます?

« 即戎(そくじゅう) | トップページ | 礼譲(れいじょう) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「礼譲」解説ページ:

« 即戎(そくじゅう) | トップページ | 礼譲(れいじょう) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ