リンク集

« 「学は及ばざるが如くす」解説ページ | トップページ | 「正人」解説ページ »

2009年8月 8日 (土)

学如不及(がくはおよばざるごとくす)

Nishimonaibonodori0908063 画像は秋田の友人からのプレゼントで、
「西馬音内にしもない」盆踊りの一コマです。

近況と題したメールに添えて8月6日に届きました。
また、そのメールには次のような内容、コメントも付されていました。

元気ですか。
東北は祭りで燃えています。

・竿灯 8/3~8/6 (東北三大祭 253本 提灯の灯りが稲穂を連想させ見事です)

・西馬音内盆踊り (国指定重要無形民俗文化財) 8/16~8/18
 -端縫い衣装 (4~5種類の絹生地を合わせて端縫った衣装)
 -ひこさ頭巾  (黒い覆面を被って踊り手の表情が見えず亡者を連想させ幻想的な雰囲気)

 そして、「インターネットで見てください」というメッセージも添えられていたので、早速検索してみて、また1つ賢くなった私(笑)

 さらに、そのメールには
「体力、気力の三才若返りに共に挑戦しましょう。」
という意味深なことば、ハゲマシの文言もー。

 う~ん、3歳若返りかー。

どのようにすれば3歳若返るか…?

 おっ、そういえば、「青春とは心の若さである」
という言葉を松下幸之助氏が残している。

 では、心の若さを保つには、
使命(ミッション)を明確にして、
夢(ビジョン)・目標をもって、それを追っかけること。

自己の信念・信条、バリュー(価値)にしたがい、
逃げる者を追いかけても追いつけないのをうれえるような心がけで、一生懸命に夢を追いかけること。

 んっ、どこかで聞いたような文句(笑)
じ ゃー、学問も夢も及ばざるが如くすべし?

 それにしても…、彼の3歳若返り説はどこから来たものか…。
なんで3歳なの?
1歳や2歳、また、4歳や5歳ではダメだったのか? 
などなどと私の中では謎が深まるばかり~(笑)。

 蛇足ながら、私が考える若返りの妙薬とは
1. 若い人と付き合うこと
2. 歩くこと
3. 楽観力
かな?

 んっ、
「感激・感動・感謝する心」と「好奇心」も要る。

んんっ、
これらの心をひとことで表現すれば、「素直な心」かなー?

あっ、素直なこころといえば、「柔軟性」も必要!
という説やその他、様々な考え方(説)もあるにはあるが…。

 ちなみに、孔子は
「学則不固まなべばすなわちかたくなならず」といっている。

 もし、私が「若さ」を一言で表現するとすれば、
それは、みずみずしさ、つまり枯れないこと、かな?
こんこんとわく泉は枯れることがない。

おぉ~、
ということは、キーワードは継続!?

よしんば、枯れても朽ちないこと !!!

そういえば…、「老いて学べば朽ちず」
という言葉があった。

う~ん、これは誰が残してくれた言葉だったのか…、
思い出せない(涙;)。

 たしか、
・少にして学べば成すことあり
・壮にして学べば衰えず
・老いて学べば朽ちず
こんな語呂合わせ…、

 おっ、語呂、語録、後録ー。
佐藤一斎の「言志録」!
と安岡正篤翁がいっておられたのを、いま、ここで思い出したー。

 じゃあ~、
いまからでも遅くは無い。

気づいたときが行動を起こすとき。
孔子は、「不如学也まなぶにしかざるなり」という言葉を残しているし…。

 3歳若返るために、早速今日からでも
「逃げるものを追いかけても、追いつけないのを患えるような心がけ」で学ぶとするか~。

などと言いつつ、今日も、「明日、明日、明日から」と、
いつものようにその行動を先延ばしするのであった~(笑)

 しかし、冒頭に紹介したように、彼から送られてくる写真とその説明を見るだけでも、私は3歳若返りそう~(笑)

 では、あなたにおうかがいします。
あなたは、ビジョン(夢)を達成するために今日から何を始めますか?

« 「学は及ばざるが如くす」解説ページ | トップページ | 「正人」解説ページ »

コメント

女性は容姿にこだわるが歳相応が一番だと思います。でも3歳若く気力、体力を持って夢に挑戦することが元気の秘訣と思います。
3歳ぐらいが丁度良いと思います。
夢だけは沢山持ち挑戦するかしないかは別です。
歳だからといわず一度はやってみて自分なりの生きがいを探すのも良いものです。
友とか生きがいがないと生きてるだけではしょうがないと思います。

繁ちゃん、
コメントありがとう~。

へぇー、「3歳ぐらいがちょうどいい」
と、繁ちゃんは思ったのですね。

私は欲張りですから、5歳若返りを目指そうかな~(笑)

ちなみに、孔子は
「甚だしいかな、吾が衰えたるや。吾れ復た夢に周公を見ず」
という言葉を残していますが…。

生きている限り、いつまでも夢をみ続けたいものです。
誰が何と言おうとも!
それが若さの秘訣ですから~。

ところで、繁ちゃんのいう「生きがい」とは、
「天命」、つまり使命(ミッション)ですか。

また、いい友にめぐりあうのも天命、
こちらの方は「運命」ですかねー。

そして、その運命は自ら引き(招き)寄せるもの!
ですかねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学如不及(がくはおよばざるごとくす):

« 「学は及ばざるが如くす」解説ページ | トップページ | 「正人」解説ページ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ