リンク集

« 遂行(ついにゆく) | トップページ | 指掌(ししょう) »

2009年10月21日 (水)

「指掌」解説ページ

Toudounotaki0910053 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 えっ、
そんなもん、ホントにあるのですか?

おぉー、
あるよ。

本当ですかー、
それはどこにあるのです?

ほぉー、
おまえ知りたいか。

はい、
是非!

ほぉーかー、
おまえそんなに知りたいんか。

じゃあー、教えてやろう。

ほれっ、
これっ、ここ、ここ、ここやっ!

と、それまではいたずらっぽく笑っていた伯父が、急に真顔になって私の掌を押さえつけた。

 痛っあ~ !!!
と飛び上がった経験あなたにはありませんか?

 えっ、
ほれっ、ここ、ここっ、と言って、
相手が自らの掌を指したのを見た?

そんな記憶ならあるが…、ですかー。

 はい、今日はそのお話です。

 早速、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選3 朝日文庫の「八佾第三」から抽出して、その章の訓読(読下し文)と現代訳、ならびに吉川博士の解説を読みやすく、わかりやすい形に加工してお届けします。

 まずは、訓読、すなわち読下し文です。

るひと禘ていの説せつを問う。
わく、知らざる也なり
の説せつを知る者ものの天下てんかに於けるや、
れ諸れを斯ここに示るが如ごとき乎と、
の掌たなごころを指す。

 次に、その現代訳です。

ある人が禘ていの祭りのことについて尋ねた。
孔子は「わかりません」と答えた。
そして、「それを知る人はこの世の全てを知るほどの人間であり、
その縮図をここに見るようなものです。」と言って、
自らの手のひらを指さした。

 続いて、吉川博士の解説です

・禘ていの祭りの意義その他、この祭りについての学問的説明は、孔子のころにすでに議論が分かれていたのであろう。

・ある人がその説明を孔子にもとめた。孔子の答えは、知らざるなり、わからない。むろん完全に分からなかったのではなく、自信のある説明をむつかしいとしたのである。

また更にたたみかけていった。

その説明をわきまえている者ものがあるとするならば、その人間は世界のすべてを知っているほどの賢人だ。
つまりその人間の世界に対する関係は、世界の縮図を、ほれ、ここの所に見つくしてしまうようなことになるであろう、と、そういいながら、片方の手のひらを出し、もう一方の手で指さした。

・示の字は視と同じと、新注の説。

・この章もよく分からぬ章である。しかし身振りを伴った孔子の会話の活潑さ、またそれを記録し得た文章の活潑さは、脈絡としてわかる。

・なお、簡単明瞭な要約を、指掌というのの出典がここにあること、いうまでもない。

 おっ、
タイトルの言葉の出所がこの条である、
と吉川博士がおっしゃるので、「角川新字源」検索してみたところ、次のように記載されていた。

【指掌】ししょう たなごころを指さす。
・事のはなはだ知りやすいこと。〔礼・仲尼燕居〕「治国其如指諸掌而已乎」
・はなはだなしやすいこと〔晉・文帝紀〕「取蜀如指掌」

 う~ん、
残念!

吉川博士の解説に沿う答え、すなわち、「指掌」という語句の出典がこの条である、という確証が得られないし、論語の一節(句)の紹介もない。

またまた悩む~(笑)。

 しかし、自分の掌を見ることはいとも簡単なことであり、
掌を見るとその人の来し方・往き方が分かる、
つまり、掌は人生の縮図であり、そこに全てが現れているという占い師の言葉を真に受ければ、うべなうかなである。

 が、冒頭のエピソード、すなわち、あまりの痛さに飛び上がったという私の遠い過去の記憶、あの要因は何であったのだろうか…。

 では、あなたにお伺いします。

 その一点を知れば(見れば)、その全てが分かるという事例を1つだけ教えてください。

         
          < 「指掌」解説ページ  附録>

「禘ていとは、君主がすべての祖先の位牌を、始祖の廟たまやにあつめ、そのすべてを祭る大きな祭りである」と、前章に掲載されており、「角川新字源」にて、【禘】テイ ダイ の意味を検索してみると同様の文言とその他の意味が記載されていた。

 また、前章の解説の冒頭には、「この章は難解である」と吉川博士は述べておられる。

それで、本文中の解説に「この章もよく分からぬ章である」という吉川博士の嘆き(つぶやき?)がそのまま記載されている。

 んんっ?
吉川博士は、「章」といい、あるいは「条」とおっしゃる。
その使い分けやいかに!?

私は「知らざる也なり」(笑)

 う~ん、
またまた今夜も眠れそうにない~(笑)

« 遂行(ついにゆく) | トップページ | 指掌(ししょう) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「指掌」解説ページ:

« 遂行(ついにゆく) | トップページ | 指掌(ししょう) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ