リンク集

« 指掌(ししょう) | トップページ | 旧貫(きゅうかん) »

2009年11月 8日 (日)

「旧貫」解説ページ

 「何で、ダメなんですか!?」
と怒りをあらわにして尋ねる、設計課長のOさん。

「おぉー、ワシがダメやいうたらダメなんや!」
と答える、工場長のMさん。

 事の次第はこうである。

新しいもの好きのOさんは、次々と創造的・積極的な提案を試みる。

しかし、一方のMさんはといえば、旧来のやり方や慣習がベストと考え、その方法や考え方を踏襲しようとする。

 そこで、今日もあるプロセス(工程)をめぐって対立・衝突が始まった!と、興に乗ってきたところで、
残念!
紙幅の都合でこの続きは、また次回に譲るとして、
今日は、M工場長にとっては都合が良い?

とも思われる論語の一条を『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選4 朝日文庫の「先進第十一」から抽出して、その訓読(読下し文)と現代訳、ならびに吉川博士の解説を読みやすく、わかりやすい形に加工してお届けします。

 まずは、訓読、すなわち読下し文です。

魯人ろひと、長府ちょうふを為つくる。
閔子騫びんしけんわく、
旧貫きゅうかんに仍らば、之れを如何いかん
んぞ必かならずしも改あらため作くらん。
わく、
の人ひとは言わず。
えば必かならず中あたること有り。

 次に、その現代訳です。

魯のくにの人々が倉庫(金蔵)をつくった。
これを見た閔子騫びんしけんが批判して言った。
「昔のままにしておけばいいのに、どうしてそのようにしないのか。」
「何ゆえに、新たな倉庫をつくらなければならないのか」と。
これを聞いた孔子が言った
「あの人は滅多にものを言わない」
「しかし、あの人がものを言った場合は必ず正鵠(急所)を得ている」と。

 続いて、吉川博士の解説ですが、少々長いので割愛してお届けします。

・閔子騫の政治に対する発言を、孔子が、正しい発言として称揚したのを記す。

・閔子騫が発言の対象とした政治的事件については、異説が後述のごとくあるが、まず普通の説を述べる
「魯人長府を為くる」。長府とは、政府の倉庫であって、古注に引いた鄭玄の説に、「長府は蔵の名なり、財貨を蔵することを府と曰う」という。

・魯の人人が、この新しい倉庫をつくったことに対し、閔子騫は批判した。その必要はないではないか。先例どおりにしておけば、どうなのか。

・「旧貫に仍らば、之れをいかん」、「貫は事なり」と、やはり古注に引く鄭玄の説を、のちの諸注も踏襲する。つまり旧貫とは、旧事、古いしきたり、現状、の意となる。

・「仍は因るなり」、つまり踏襲することと、やはり鄭玄の訓であり、「旧貫に仍る」とは、現状を維持踏襲して、新しい蔵の増築、あるいは改築などをしないことである。そうしたならば、どうなのか、それでよさそうなものなのに。

閔子騫はそういったのであって、それではどうなのか、の意をあらわすのが、「如之何」の三字でなければならない。

・そうしてさらいった、「何んぞ必ずしも改め作らん」、「何」も旧貫すなわち先例を変「改」して、あたらしいものを「作」る「必」要はないではないか。

・「之れをいかん」、如之何、「如何」と結局同じであるが、まんなかに「之」の字がはいっているだけに、よりゆるやかな表現となる。すくなくとも、ここではそうであって、事柄に対する懐疑を、やわらかにあらわす。

・孔子はこの閔子騫の意見に賛成していった。「夫の人は言わず」、夫の人とは、あの男、つまり閔子騫を指す。

・閔子騫の人柄は、寡黙であった。それで、あの人はめったにものはいわないが、「言えば必ず中あたる有り」、なにかものをいえば、きっと的中する。「中」の字は、的中の意味であって、「丁仲の反」、つまり去声のzhongに読めと、陸徳明の「経典釈文」に指示する。

・孔子が賛成した理由として、古注に引いた王粛おうしゅくの説に、「其の民を労して更に改め作るを欲せざるを善しとするなり」。
 <中略>
・なににしても、この条は、保守的な政治家が、しばしばその主張の論拠として来たこと、いうまでもない。

 う~ん、
一部を省略・割愛したとはいえ長い!

 そこで、まずは、吉川博士がおっしゃる意味と「角川新字源」に記載されている意味の相違をと思い「長府」「丁仲の反」を検索してみたがそれそれの記載が発見できない。
残念!

 ちなみに、タイトルの熟語は次のように記載されていた。

【旧貫】【旧慣】きゅうかん むかしからのしきたり。ならわし。〔論・先進〕「仍旧貫如之何」

 また、「夫人不言」の「夫人」とは、以下の2つの読みとそれぞれの意味が記載されていた。

1.【夫人】ふじん ①周代、諸侯の妻。漢代、列侯の妻。②周代、天子のめかけ。③唐代以後、特定の高官・貴人の妻。④一般に婦人の尊称。

2.【夫人】かのひと ①人々。②あの人。

 閑話休題(それはさておき)、

「仍舊貫」(旧貫きゅうかんに仍らば)以下の閔子騫びんしけんの主張と、その閔子騫の主張を称えた孔子の言葉は、吉川博士によれば、「保守的な政治家が主張する場合の論拠」とある。

 ならば!
冒頭のM工場長は企業人であり、経営者層ともいえる役職であるので、旧来のやり方や慣習をベストと考え、その方法や考え方を踏襲しようとする姿勢や考え方は的を外している!?

という話は、また次回のお楽しみでした。

 では、あなたにお伺いします。
あなたは、どんな旧貫(旧慣)を踏襲していますか?

« 指掌(ししょう) | トップページ | 旧貫(きゅうかん) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「旧貫」解説ページ:

« 指掌(ししょう) | トップページ | 旧貫(きゅうかん) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ