リンク集

« 弘道(こうどう) | トップページ | 已甚(いじん) »

2010年10月 1日 (金)

「已甚」解説ページ

10091003 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 なにー、「已甚いじん」!?
「偉人」や「異人」なら知ってるけど…。

 あるいは、「幸甚こうじん」なら、「幸甚に存じます」などと、
しょっちゅう(普段)使ってるけどなー。

また、「已」は「已上いじょう・已下いか(以上・以下に同じ)」
それに「已往(いおう。過ぎ去ったこと)」なら、知ってるけどな!

などと一言、とあるオーナー社長のAさんから頂戴しそう~(笑)。

 んっ、
オレも「甚松」なら知っとるよ!
と、どなたからかも、らぶれた~が届くかもー!(笑)

 では、では、「已甚いじん」の熟語が含まれる一章を、

『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選3 朝日文庫の「泰伯たいはく第八」から抽出し、引用を主にお届けします。

 まずは、訓読、すなわち読下し文です。

わく、
ゆうを好このみて貧まずしきを疾にくむは、乱みだる。
ひとにして不仁ふじんなるを、之れを疾にくむこと已甚はなはだしければ、乱みだる。

 次に、その現代訳(直訳)です。

勇敢な行為を好む者が、自らの貧しい境遇に不平・不満を持つときは、秩序をやぶる。
不道徳な人間を甚はなはだしく憎む場合にも、秩序をやぶる。

 続いて、吉川博士の解説です。

・事柄は2つであるが、いずれも過度で矯激な心理または行動が、無秩序を生むことを、いましめた。

・勇敢な行為を好むということ、それ自体は必ずしもわるいことではないが、そうした性格のものが、自分の貧乏な境涯に不平を持つ場合は、必ず無秩序状態を引きおこす。

またここに、不仁な、不道徳な人間がいるとすれば、それは排斥なれなければならないけれども、それをあまりにも過度に憎悪するときは、やはり無秩序な状態を引きおこす。

諸家の説、文字の解釈は、以上のように、一定している。

・いま少し、立ち入った解釈として、こころみに、次のように考えることは、できないか。

自己の貧乏な境遇に憎悪をいだき、勇気にまかせて、それを打破しようとするのは、革命家の性質である。
そうした革命的性質を、孔子はおそらく、乱、無秩序として、きらったであろう。

そうして不仁の1つと考えたであろう。

しかし、そうした憎悪に対して、全く理解をもたず、ただむやみにそれを憎悪するばかりでは、無秩序は、いっそうはなはだしくなる。

・2度見える「疾」の字は、動詞であって、憎悪する意味。

・「已甚」は、二字で「はなはだし」と読み、過度を意味する。

「孟子」の「離婁」篇下に「仲尼は已甚いじんなる者を為さず」と見えるのと、同じ用例である。

 う~ん、難しいぃー!
この吉川博士の解説(現代訳)は難解である。

なんとなれば、「不道徳な人間を過度に憎悪するとき」に、
「無秩序な状態を引きおこす」人は、

① 「勇敢な行為を好む性格のもの」のみなのか?
② 「不道徳な人間を過度に憎悪する」人すべてなのか?

①、②のどっちであろうか…。

つらつら考えるに、「無秩序な状態を引きおこす」人は、
「勇敢な行為を好むもの」でないと至難の業(この上なく難しいこと)であるだろうし…。

 んっ? 思想教育!
つまり、暗示やイメージを強く埋め込めば、
ごく一般的な人々であっても、「無秩序な状態を引きおこす」!

そんな可能性(危険性)が高いし、事例となれば枚挙に暇がない。

 ならば!
「過度で矯激な心理または行動が、無秩序を生む」という吉川博士の解説は、

① 勇敢な行為を好む性格のものが、貧しい境遇に置かれた場合
② 過度で矯激(一般と異なって、度外れて過激)な心理状態になる(なった)人

この2通り、両方!
つまり、①、②のどちらも、「無秩序な状態を引きおこす」危険性が高い!
とも考えられる。

 が、私はこの現代訳を、「勇敢な行為を好む性格のもの」という前提条件があって、はじめて、「無秩序な状態を引きおこす」かのように記したのであるが…。

 いずれにしても、「已甚いじん」な言動の人は、
「異人」であり「違人」、いや「偉人」でもある。

 また、「夷人いじん」と呼ばれる人も、近代文明を誇る人の目から見れば、その言動は「已甚いじん」と映るかもしれない。

 んんっ? ひょっとして、
オイラは「異人」、「夷人」?
それとも、単なる変人!?(笑)

 ちなみに、「角川新字源」にてタイトルの熟語を検索すると次のように記されていた。

【已甚】いじん/はなはだし 程度が過ぎている。はなはだしい。已も甚もはなはだしいの意。〔孟・離婁〕「仲尼不為已甚」

 おぉー、
吉川博士の解説とピッタリ!

今夜はゆっくり眠れそう~(笑)

 では、あなたにお伺いします。

あなたが、「已甚いじん」、すなわち「程度が過ぎている。はなはだしい」と自覚している言動には、どのようななことがありますか?

« 弘道(こうどう) | トップページ | 已甚(いじん) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「已甚」解説ページ:

« 弘道(こうどう) | トップページ | 已甚(いじん) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ