リンク集

« 翕如(きゅうじょ)・純如(じゅんじょ)・噭如(きょうじょ)・繹如(えきじょ) | トップページ | 貞而不諒(ていにしてりょうならず) »

2012年11月25日 (日)

「貞而不諒(ていにしてりょうならず)」解説ページ

1210164 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 カレンダーも残り少なくなり、
あれもこれもと考えていた矢先に、
私は2日間ほど、床に伏せる破目に…。

大風邪に見舞われ、
何十年ぶりかの苦い体験をしたのであるが…。

 すると、このときばかりにと、愚妻はのたまう。
「暇なから風邪をひくんよ!」。

それ(愚妻の言葉に)は
一理ある!

しかし、それが貞ていであるか、
あるいは、諒りょうであるか…?

といえば…、その論議のほどは、
暫く棚上げにしておこう。

 暫し、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選4 朝日文庫の
「衛霊公えいれいこう第十五」 第37章からの引用を主に始まる
以下の記事を篤とくとご覧になったその後で、

賢明な読者のご判断に委ねることとしよう~(^^♪。

 先ずは、訓読です。

わく、
君子くんしは貞ていにして
りょうならず。

 次に、その現代訳です。

孔子が言った(先生の言葉である)。
君子は節義を守って変えない。
が、頑かたくなではない。

 続いて、吉川博士の解説の一部です。

・「貞」とは、恒常的なただしさである。
「易」にしばしばあらわれる字であるが、
「論語」ではここだけにあらわれる。

君子の人格はそれをもっている。
しかし「諒」ではない。

「諒」とは小さな信義であって、憲問けんもん第十四に
「匹夫ひっぷ匹婦ひふの諒まことを為す」というように、
無教養な人間のもつせせこましい意識、
それをもたない。

以上が普通の解釈である。

    <以下、割愛>

 おっ、
「貞てい」とは恒常的な正しさ!

「忙しい人は風邪をひく間もない!」
というのも古くからよく耳にする正論の1つ。

 ところが、愚妻の言う「暇なから風邪をひく」
という言葉は…、「匹夫ひっぷ匹婦ひふの諒まことを為す」
という論語の言葉とは…、残念ながら一致しない!

その訳は、愚妻は自論の正しさを訴えんがために、
「自ら溝讀こうとくに経くびれる」、

つまり、愚妻は自らの主張を正当化せんがために、
その辺の溝の中に首を吊って、自らの命を絶とうと
考えたり、したりしようとは決してしない!

 んんっ、ならば不諒りょうならず!?

つまり、「暇なから風邪をひくんよ」という
冒頭の愚妻の言葉はひょっとして…、

「貞而不諒ていにしてりょうならず」!?

などと、私は暫し、思案はしてみたものの…、
どのように考えても、愚妻は「匹夫ひっぷ匹婦ひふ」の域を出ない。

つまり、愚妻は「ひとりの男とひとりの女が
連れ合いになっている」一人の女であり、

もちろん、君子でもない!

 では、「貞而不諒ていにしてりょうならず」とは…?
と、『角川新字源』にて検索した結果は…。

先ず、【貞】てい を見てみると…、

意味④ただしい(ただし)同義語:正。→付・同訓異義

を見よと。

で、付録の「同訓異義」を見ると以下のように。

【正】せい/しょう 「邪」の対。
真四角で少しもゆがみのないこと。
「ただす」と読むときは、まっすぐで、曲がったりみだれたりすることのないようにする。
罪のあるのをただす。すじをただす。
〔論・学而〕「就有道而正焉」

【貞】てい 動揺することなく、まどわず正しいこと。
〔論・衛霊公〕「君子貞而不諒」

 また、【諒】リョウ を見ると…。

意味④つまらない義理だて。固執。
〔論・憲問〕「豈若匹夫匹婦之為諒也」

 ちなみに、「論語新釈」 宇野哲人 講談社学術文庫には
以下のように。

[語釈]
○貞てい=正しいことを固く守るのである。
○諒りょう=是非を撰えらばないでこれに執着する
のである。

[解説]この章は事に応ずる道を示したのである。
「適てきなく莫ばくなく義と与ともに従ふ」(里仁篇)のが
君子である。

 んんっ?
愚妻は自論の正しさを訴えんがために、
間違っても自殺などはしない!

が、彼女は是非を撰えらばず、動揺することもなく、
まどわず、自論の正しさに執着するのである~(^_^;)

 かくして…、などという余談は
紙幅の都合で割愛することにして、あなたにお伺いします。

 あなたはご妻女のどんな一言に、「貞てい」、正しさは認めるが、
「不諒りょうならず」、つまり、もう少し柔軟に、やわらか~く…などと、
考えたり・思ったりしていませんか…?

« 翕如(きゅうじょ)・純如(じゅんじょ)・噭如(きょうじょ)・繹如(えきじょ) | トップページ | 貞而不諒(ていにしてりょうならず) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「貞而不諒(ていにしてりょうならず)」解説ページ:

« 翕如(きゅうじょ)・純如(じゅんじょ)・噭如(きょうじょ)・繹如(えきじょ) | トップページ | 貞而不諒(ていにしてりょうならず) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ