リンク集

« 「入室」解説ページ | トップページ | 「片言(へんげん)」解説ページ »

2013年4月20日 (土)

入室(にゅうしつ)

1304041 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 社長室にて、T社長から今期の経営戦略や
購買方針などについて私は指導を受けていた。

 すると、ノックもせず、また入室の許可も得ずに、
いきなり、Yさんが社長室に入ってきた。

 Yさんのこの行為、常識破りの行動に対して、
T社長はその言葉に憤りを込めて次のように言った。

「なんやっ(なんの用事やっ)!?」
「今、大事な話をしているところや!」
「後にせぇー!」と。

何が原因で、T社長の怒りを買う羽目に陥ったのか?

その理由・訳が理解できぬまま、Yさんは渋々、
社長室のドアからフェード・アウトした(姿を消した)。

 その光景を見計らったかのように
T社長は以下のように…。

「あいつ、うちの家にも
あぁやって入ってくるんぞぉー!」

「お前どう思う!?」
と私に尋ねる。

私が答えに窮して、返す言葉を探している間に、
T社長は次のように続ける。

「うちの家内が最初、びっくりしてなぁー。
『お父さん、どうなってるのぉー…?』
『会社でも、Yさんはあんなん!?』

『Yさんの親は、一体、どんな育て方をしたのよぉー…?』
と、怒りを通り越して、呆れてしもうたような顔をして言うんやっ」と。

 さらに、T社長はYさんの言動について、
このときとばかり、堰を切ったように批判し続ける。

「あいつ(Yさん)は、ここ(社長室)でな、
わしがワシの友達と話をしている時でも、
涼しい顔で入ってきてな、ワシの友達を
まるで自分の友達のように思うて、
二人の話に割って入ってくるんぞぉー」。

「それに、一番困ることはな、ここに来るお客さんは、
みんな、大事な話を、話の後半部分にする(言う)んや。

なのに、あいつ(Yさん)は、最初から最後まで、
ワシの隣に座って、動こうとせんのや!
頃合を見計らい、気を利かして席を立てばいものを…。

だから、お客さんは大事な話を切り出すタイミングを失い、
消化不良のまま帰ってしまわれる…。
困ったもんや!」と。

 このT社長の言葉を一言で表現するとすれば…、

Yさんに対して、T社長は以下のように述べている!
と私は感じたのですが…。

「Yや、『堂どうに升のぼれり、
まだ室しつに入らざる也なり』」
(『論語』先進第十一 第15章)。

すなわち、Yさんは、座敷に通る資格・権利はあっても、
まだ奥向きの部屋(私室)に入るだけの資格・権利はない!

「Yが、奥向きの部屋(私室)に入るには、20年早い!」と…。

 一方のYさんは、以下のように考えての
行動だったのであろうか(あくまでも、私の推察ではあるが)…。

「私は、Tさんの室に入る権利も、また資格も有している!」

 あるいは、Yさんは他人の心に土足で入り込んでも
それに気づかぬ無神経な人だったのであろうか…?

 おっ、
そういえば、この私にも!
以下のような体験・記憶がある…。

 「Tさん、Tさんが40数年間で培ってきたノウハウ、
すなわち、『普通の営業マンが超一流の営業マンになるための
門外不出の裏ワザ10ヶ条』をコソッと、無料で教えてぇ~」

などと、私はTさんの心、気持ちや思いを無視して、
自らの都合のみで,Tさんの心に土足で踏み込んでしまった…。

 ところが、
さすが、Tさん!

「1W後には、おまえのリクエストに応えよう!」と。

 おぉ~、
さすが、心の広い、他人思いのTさん!
と、私は感動と喜びの1Wを、ひとり密かに味わっていた。

 ところが、そのTさんとの約束の日、
すなわち、1W後にTさんは以下のようにおっしゃる。

「あの件な、あれは言葉には表せないノウハウもあるし…。
それにあれは、今日・明日にというほど簡単にできる代物と違うし、
まぁ、時間をとって、じっくり考えて、そのうち返事をしようわい」と…。

 えっ、Tさん、
「そのうち」って、いつ?

 ちなみに、「そのうち」を『広辞苑』にて検索すると…。

そのうち【其の内】①間もなく。近日中。やがて。②そうしているうち。

 う~ん、
「そのうち」とは、あくまでも「そのうち」であり、
明確な期限など存在しない!

 かくして、賢い人の心に無断で踏み込んだ私が支払う代償は、
以下の「尾生之信びせいのしん」、あるいは 「抱柱ほうちゅう」の故事、
すなわち、

尾生びせい、女子と梁下りょうかに期し、女子、来たらず。
水、至りて去らず、梁柱りょうちゅうを抱いて死す
(『荘子』 盗跖篇とうせきへん 第二十九)。

 すなわち、尾生というバカ正直な男が、
橋の下で会う約束をした女を待っておぼれ死んだという故事同様、
私は死ぬまで、一途に、待つしかないのであろうか…(^_^;)。

 では、あなたにお伺いします。

あなたが人の心の中に土足で踏み込んで支払った代償を
1つ、教えてください

« 「入室」解説ページ | トップページ | 「片言(へんげん)」解説ページ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入室(にゅうしつ):

« 「入室」解説ページ | トップページ | 「片言(へんげん)」解説ページ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ