リンク集

« 昆弟(こんてい) | トップページ | 色荘(しきそう) »

2013年8月18日 (日)

「色荘」解説ページ

1306095 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 「あいつ、ワシのボディーガード役に
ええわぁー(最適よ)。

おかしな人がワシを尋ねてきたときは、
すぐにあいつを呼ぼうわい。

そしたらみんな、あいつの顔を見て、
『失礼しました』と言うて帰るぜぇー」
とおっしゃるKさん。

 さて、Kさんから、「あいつ」と呼ばれた男の名を
仮に、Bさんとすれば…。 

そのBさんは、いかつい顔の大男で、
俗にいう偉丈夫。

 果たして、Bさんがボディーガードとして
適任か否かという話は、とりあえず、横においといてぇ…。

 先ずは、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選4 朝日文庫からの引用を主に始まる「先進せんしん第十一」 第21章を
とくとご覧あれ~♪

 最初はいつも通りの訓読(読下し文)ですが、
今回は古注と新注では、著しく読み方が違うとかで…。

とりあえず、上段に古注の読み方を、
続いてその下に、新注の読み方を転載することに。

わく、論ろんとくなるもの是れ与
君子者くんししゃ、色荘しきそうなる者もの

わく、論ろんとくに是れ与くみせば、
君子者くんししゃ、色荘者しきそうしゃ

 次に、その現代訳ですが、ここでは、
古注の現代訳は吉川博士の解説に譲り、
新注の読み方による現代訳(意訳)のみを記すことに。

孔子が言った(先生のお言葉である)。
言葉が誠実で親切なだけの人を善しとしたのでは、
りっぱな紳士か、うわべだけの人か、わからない。

 続いて、吉川博士の解説を。

・この章は、古注と新注では、
読みかたが全くちがう。

古注では前条の善人についての議論の続きとし、
善人の条件にかなうものとして、三種の人物をあげたとする。

第一はまず、「論篤なるもの是れ与」、
議論がつねに熟慮的である人物、
それは善人といってよかろうか。

与の字を歟、すなわち断定を躊躇する句末の助字として、よむのである。

また「君子者乎」、君子者と批評される人物、
それは善人といってよいものであろうか。

君子者の三字は、前にも触れたように、
述而第七では、善人と別の概念のようであるが、
ここでは二者はあい接近したものとして、
扱われたことになる。

最後の「乎」の字は、
やはり断定への躊躇を示す助字である。

さらにまた、「色荘しきそうなる者もの乎」、
色荘とは容貌の荘厳さをいうと解せられ、
皇侃は述而第七の、「威あって猛からず」が、
すなわちそれであるとする。

要するに善人の条件として、
孔子は三つの事柄をあげ、しかも、あるいは「与」といい、あるいは「乎」といって、断定を躊躇したとするのが、古注の説である。

・新注の説は全く異なり、前章とは全く無関係な、
独立した言葉とする。

そうして「論篤是与」の「与」の字を、
軽い助字と読まず、与する、高く買う、
の意味に読み、「論の篤なるに是れ与くみする」、
議論の篤実さだけを高く買うのは、
大へん危険である。

実際に君子者である場合もあり、
うわべが立派なだけの、「色荘者」であることもある。

言葉だけで人を見てはいけない、
そうした戒めだとする。

古注と新注と、読みかたを異にする例として、
この条は、最も甚しいものである。

 う~ん、
私は興に乗り、つい、この章の
吉川博士の解説すべてを転載したものの…、

以下のような問題、すなわち解決すべき課題が!

 まず、「与」という字に、
「与くみする」という意味があることはOK(理解できる)。

が、「与」に「高く買う」という意味は…?
と、『角川新字源』にて検索するも残念、遭遇できず。

 また、同書(『角川新字源』)にて、
「歟」を検索すれば、以下のように。

【歟】よ ①気が安らか。②か、や。疑問・推測・反語・感嘆の意を表わす助字。同義語:与。

 さらに、同書(『角川新字源』)にて
タイトルの熟語を検索すると…。

【色荘(莊)】しきそう 顔つきがおごそかでまじめなこと。

 こちら(「色荘)は、古注の意味のみを記載しており、
「見かけ倒し」、すなわち、「うわべだけ」という
新注の意味(現代訳)にはお目にかかれず。

 はて、さて、どうしたものか…?

猛暑の最中、頭を転がした私は、委細構わず、
以下のような言葉をもって、結びに変えることに…(^_^;)。

 さて、冒頭のBさんはといえば、
いかつい顔つきではあるが、
真面目を絵にかいたような好青年。

 で、彼が君子者かといえば…、
私は首を傾げざるを得ないし、

また彼、Bさんがボディーガードとして
適任か否かといえば、「NO!」
と即刻、私は答える。

 そこで、あなたにお伺いします。

あなたの他の周りにいる人々の中で、色荘者しきそうしゃ
すなわち、うわべだけが立派で、中身の伴わない人、
つまり、見かけ倒しの人を一人だけ挙げるとすれば、
どこのどなたが該当します?

« 昆弟(こんてい) | トップページ | 色荘(しきそう) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「色荘」解説ページ:

« 昆弟(こんてい) | トップページ | 色荘(しきそう) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ