リンク集

« 「歳寒」解説ページ | トップページ | 「王者」解説ページ »

2013年11月17日 (日)

歳寒(さいかん)

1311092 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 とある寒い日の朝、
私の机の上の内線電話が鳴り響く。

 「厚かましいなぁー。
こちらの都合も考えずに、
プゥー、プゥーと…。

只今、私はクレームの処理中につき、
暫時お待ちを!」

と思いながらも、
発信先の表示を見ると…、

発信者はT社長。 

 私があわてて受話器を取れば、
「今日は忙しいか?」
というT社長の第一声が。

 「えぇー、まぁ…、適当に」
と曖昧な言葉を返す私に、
T社長は以下のように。

「そうか、忙しいか。
ちょっと、時間が取れんか?」と。

 「分かりました。
何とかやりくりして、
時間の都合をつけます。」

と私が答えるのを待ちかねて、
T社長は次のようにおっしゃる。

「今からE銀行へ行くから、
お前も付き合え」。

 2つ返事でOKした私は、
T社長を助手席に乗せて、
というか…、

T社長が助手席に陣取った
車を運転してE銀行へ。

 その道中、車中にて、
「E銀行へは、どのようなご用事で…?」
と私が尋ねれば…、

「U常務に会いに行くのよ。」
と応えたT社長は、さらに、
以下のような意外な言葉を。

 「ワシは昔から
偉い人に会うのが好かんのよ。

偉い人に会わんといかんと思うと、
何か知らん、落ち着かんようになる…」と。

 えっ、
幾度も危難のときを乗り越え、

「何があっても、少々のことでは驚かん!」
とおっしゃるT社長が、肩書に…。

 「歳としさむくして、然しかる後のち
松柏しょうはくの彫しぼむに後おくるることを知る」
季節になれば…、

暑い夏に、周りの人々から惜しまれつつ、
若くして逝ったT社長のありし日の顔と声が
私の脳裏に…。

 では、あなたにお伺いします。

寒い季節になると、あなたの記憶が蘇る情景には、
誰と、どのような思い出の1シーンがあります?

« 「歳寒」解説ページ | トップページ | 「王者」解説ページ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歳寒(さいかん):

« 「歳寒」解説ページ | トップページ | 「王者」解説ページ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ