リンク集

« 「禮之本(れいのもと)」解説ページ | トップページ | 「倹則固(けんなればすなわちいやし)」解説ページ »

2014年11月 2日 (日)

禮之本(れいのもと)

1409016 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 「借りたら、返せ。
やられたら、やり返せ。
それが礼儀っちゅうもんや!」

と、私のかつての上司、
Tさんはおっしゃる。

 では、「礼儀」とは?
と『角川新字源』を見れば、次のように。

【礼儀】れいぎ 人が行動において守るべき作法。
礼はそのうちの大きいもの、 儀は細かいもの。

う~ん、
ということは…。 

ギブアンドテイク(give and take)!?

すなわち、「対等な交換」や「やりとり」も、
この世においては、人が守るべき作法の
1つではあるが…。

 さらに、上司のTさんは、
以下のように続ける。

「おまえ、借りたら返すのが
当たり前やろっ!?

この世の中で、借りっ放しや取りっ放し、
また、持って行きっ放しでは、
人生の帳尻が合わんのと違うか!?

また、やられたら、やり返すのも
一緒やっ!

いつもやられっ放しでは、
相手は増長する一方で、何の得にもならんぞ。

そればかりか、終いには、
相手にバカにされるのが落ちよっ!

だから、やられたらな、
『この人には、敵わん!』
と相手が思い知るようなキツ~イ一発を、
『ガッツン!』と食らわしちゃらんか!

それが、礼の本であり、
バイヤーの礼儀っちゅうもんと違うか!?

そうやないか?」

と問いかけた後で、次のような一言を付け加えて、
結ぶのがTさんの1つの癖であった…。

「おまえ、よう考えてみ~や」。

 それから30数年後の、いま、ここで、
現実を振り返ってみれば、次のことに気づく。

わが人生においては、
借りっ放しの方が多い!

その始まりは、今を去ること半世紀前。
すなわち、50年も昔の話。

 田舎出の純真無垢な若者であった?(と思う)
当時の私(筆者)は、とある日、
何かと面倒を見てくれる先輩に対して、
次のように言った記憶が…。

「いつも、こんなに奢ってもらっても、
私はよう返しませんけど…」と言い、

いま、ここの私には、礼の本、つまり、
借りたら返す能力のないことを
申し訳なさそうに口にした。

すると、くだんの先輩は、
以下のようにおっしゃる。

「ええんよ。
そんなこと。気にせんでも!

君が僕の年頃になったら、
君のような若者、後輩に奢ってやったら、
それでええんよ。

僕も若い頃には、そうやって、いつも
先輩に奢ってもらうた。

それが、人生というもんよ。
だから、気にせんでもええんよ。

分かった!?

よっしゃあ~、分かったら、
もう一軒、行こかっ!?」と。

 ちなみに、孔子は礼の本(禮之本)とは、以下のように述べて、
かざりよりも質きじ、すなわち内面の問題だと説くのであるが…。

「礼は奢おごらん与りは寧むしろ倹けんせよ。
そうは易おさめん与りは寧むしろ戚いため」と。

 では、あなたにお伺いします。

あなたの人生は、
貸借のバランスが釣り合っています?

また、文ぶんと質しつの調和、すなわち、文質彬彬ぶんしつひんぴん
つまり、外見の美と内面の実質とは、釣り合っていますか。

« 「禮之本(れいのもと)」解説ページ | トップページ | 「倹則固(けんなればすなわちいやし)」解説ページ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禮之本(れいのもと):

« 「禮之本(れいのもと)」解説ページ | トップページ | 「倹則固(けんなればすなわちいやし)」解説ページ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ