リンク集

« 威而不猛(いありてたけからず) | トップページ | 君子成人之美(くんしはひとのびをなす) »

2014年12月20日 (土)

「君子成人之美(くんしはひとのびをなす)」解説ページ

1410303 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 「あぁー、常務!
ええところへ来た!

今、Yさん(設計担当)と、〇〇盤の
支柱についての話をしていたところです。

で、この改善案について
常務のご意見をお伺いしようという話になり、
今、常務に電話をしようとしていたところです」

と、私がいえば、当該常務は、
怪訝な顔をしながらも、次のように。 

「どんな話?
いい話かな?」

と興味を示し、
話を聞く体勢に入ってきた。

で、私は早速!
という続きは、後段に譲り、

 先ずは、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選4 朝日文庫
からの引用を主に始まる、以下の「顔淵がんえん第十二」 第16章を
とくとご覧あれ~♪

 最初に、訓読(読下し文)を。

わく、
君子くんしは人ひとの美を成し、
ひとの悪あくを成さず。
小人しょうじんは是れに反はんす。

 次に、現代訳を。

孔子が言った(先生がおっしゃいました)。
人格者は他人の善事を援助して完成させ、
他人の悪事には手を貸さず、成就させない。
人格のない人はこれと反対のことをする。

 続いて吉川博士の解説を。

・「論語」の言葉のうち、
私の最も好むものの一つである。

・「成」の字は、つねに完成の意味である。

・君子は他人の美事善事を援助し完成するが、
他人の悪事は、援助し完成しない。
小人はその逆であって、人の悪事の尻押しをし、
人の美事を妨げる。

 んっ?
「『成』の字は、つねに完成の意味である。」
と吉川博士はおっしゃる。

では、『角川新字源』には、どのように?
と同書の「同訓異義」を見れば、次のように。

【成】せい 完成する。しとげる。でき上がる。
〔論・子罕〕「未成一簣、止吾止也」

 あれっ?
「『成』の字は、完成の意味である」
という答えは得たものの…。

用例が子罕しかん第九の第19章、
すなわち、「未いまだ一簣いっきを成さざるも、
むは吾が止む也なり」になっている…。

つまり、この一章(顔淵がんえん第十二の第16章)
についての掲載は見当たらない。

そこで、同書(『角川新字源』にて
タイトルの語句を検索すれば、以下のように。

【君子成人之美】くんしはひとのびをなす 徳のある人は、人をさそいすすめて、その善事を成就するようにさせる。〔論・顔淵〕

 ちなみに、【成就】とは「なしとげる」「できあがる」という意味で、
「欠けたところがないよう(完全)に出来あがる」という意味の
【完成】と同義である(と思う)。

 さて、冒頭の話。

 現在使用している支柱は、強度が不足しており、
設置時には支えているカバーが垂れ下がる。

工場出荷時には、たとえ〇(まる。OK)であっても、
現場に設置した場合は、カバーが垂れ下がり、
それがクレームや出張修理に行く要因の1つなっている。

そこで、現場に設置した場合にも、垂れ下がらないようなもの、
すなわち、強度の強い部材に替える。

その代替品として、
〇〇cm以上の支柱については、この部材を採用しては?
と私は当該常務にカタログを提示した。

すると、いつもは他人の意見や提案を聞くたびに
渋面をつくる常務も、この度ばかりは、即座に「OK!」。

早速、見本品を取り寄せ、
試作品をつくって、製品化へと。

 かくして、作業者の負担も減り、
また、当該製品に対するクレームや出張修理も
激減した!

という話よりも、この改善案を受け入れた
当時の常務は君子だった!?

何となれば、「君子成人之美くんしはひとのびをなす」。
すなわち、私の改善案を受け入れて
完成させたのだから…。

 では、あなたにお伺いします。

あなたは、誰のどんな提案を受け入れて、
援助し完成させましたか?

« 威而不猛(いありてたけからず) | トップページ | 君子成人之美(くんしはひとのびをなす) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「君子成人之美(くんしはひとのびをなす)」解説ページ:

« 威而不猛(いありてたけからず) | トップページ | 君子成人之美(くんしはひとのびをなす) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ