リンク集

« 曲肱之楽(きょくこうのたのしみ) | トップページ | 喩於義(ぎにさとる) »

2015年1月25日 (日)

「喩於義(ぎにさとる)」解説ページ 

1410307 画像は秋田の友人からのプレゼントです。

 「今の若い子は
夢がのうて(無くて)困る!」
と、おっしゃるのは人材派遣会社のYさん。

そのYさんの話によれば、
Yさんが若い求職者に対して、
次のよう尋ねるというのであるが…。

「あんた車欲しいと思わん?
ええ服を着て、デートしたいと思わんか?」 

すると、相手はうつむき加減に、

生気のない顔と小さな声で
「別に…」と答えるという。

そこで、さらにYさんは
次のように尋ねる。

「しっかり、お金を稼いで、
いい暮らしがしたいと思わん?」と。

このYさんの問いに対して、
若い求職者は以下のように答えるという。

「お金は欲しいのですが…、
いい暮らしがしたいとは思わない」

という事例(実例?)を紹介した後で、
Yさんは以下のように続ける。

「相手がこんなふうに答えるので、会話はもちろん、
就職にもつながらないし…」と、Yさんは言い、
その原因について、Yさんは次のように!
という話のその前に…。

 先ずは、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選3 朝日文庫
からの引用を主に始まる、以下の「里仁りじん第四」 第16章を
とくとご覧あれ~♪

 最初に、訓読(読下し文)を。

わく、
君子くんしは義に喩さとり、
小人しょうじんは利に喩さとる。

 次に、現代訳を。

孔子が言った(先生がおっしゃいました)。
「人格者は正しい道(道理)に明るく、
非人格者は利益に明るい」と。

 続いて吉川博士の解説を。

紳士は道理に敏感であり、 
紳士でないものは利益に敏感である。

 あれっ、
この章の吉川博士の解説は、
「通釈」、すなわち、この章の意味を解釈するのみで、
「語釈」、すなわち、言葉の意味や背景などに触れていないし、
また、詳しい「解説」も記されていない。

 そこで、『論語新釈』 講談社学術文庫 宇野哲人(著)を
開いてみれば、以下のように。

[通釈] 君子は正しい道理に循したがうから、
心の喩さとるところはただ義にある。
小人は欲に従うから、
心の喩さとるところはただ利にある。
故に君子は事に触れて義を行おうとし、
小人は事に触れて利を謀はかろうとする。

[語釈] ○君子=人格のすぐれた人。
〇喩さとる=奥深くまで知ること。〇義=正しい道理。
〇小人=人格の劣った人

[解説] この章は君子と小人との喩さとるところの異なることを述べたのである。
朱子語類に「義に喩さとり利に喩さとるは、
ただこれ一事いちじ
伯夷はくいは飴あめを見て
『以もって老ろうを養やしなふべし』と曰ひ、
盗跖とうせきは飴あめを見て
『以もっって戸枢くるるに沃そそぐべし』と曰ふが如ごとし」とある。

 う~ん、伯夷はくいは飴あめのみで、
老人を「やしなう」ことができるのであろうか…?

と素朴な疑問(愚問?)を抱えた私は、『角川新字源』にて、
【養】の意味を検索してみることに…。

 すると、
アッと、驚き!!!

同書の同ページの、【飴】の欄には
以下のような言葉と、その意味が!

【得飴以養老、得飴以開閉】あめをえてもってろうをやしない、あめをえてもってへいをひらく 仁者はあめを手に入れると、老人にあたえて喜ばせるが、盗跖とうせきのような悪人はあめを手に入れると、じょうまえをあけるのに使う。
同一のものでも使う人によってその働きを異にするたとえ〔呂覧・異用〕

 さて、この故事を得て、[解説]中の「朱子語類」の意味を
私(筆者)流に訳せば、以下のように。

「聖人といわれた人格者の伯夷はくいは、飴あめを見て老人にすすめ、
大泥棒の盗跖とうせきは、飴あめを見て戸の軸穴に注入せよ」というようなものだ。

 とはいうものの…?
「たとえ」が異なる!

すなわち、私は「仁者と不仁者、
あるいは、聖人と悪人の異なるところ。
つまり、人種の違いかな」?
と考えて(思い込んで)いたのであるが…。

同書(『角川新字源』)には、
「使う人によって、その働きを異にするたとえ」だという。

同じ飴であっても、聖人の手に渡れば、
相手を喜ばせる1つのツールになり、
悪人が手にすれば、盗み(自らを利するため)の道具に
変わるという。

 同種の喩たとえが、『孟子(下)』 岩波文庫 小林勝人(訳注)の
「尽心じんしん章句」上 第25章にあり、孟子は以下のように述べて、
「利と善」の違いは、「聖人と悪人」の異なるところだ!
というのであるが…。

鶏鳴けいめいにして起き、孳々ししとして善ぜんを為す者は舜しゅんの徒なり。
鶏鳴けいめいにして起き、孳々ししとして利を為す者は跖せきの徒なり。
しゅんと跖せきとの分ぶんを知らんと欲せば、他なし、
利と善との間なり。

同じ早起きでも、舜しゅん(聖人)の仲間と跖せき(大泥棒)の仲間との
異なるところは、善いことをするか、利益ばかり漁あさるかの違いだと。

 う~ん、私は「義と利」、および「君子と小人」の異なるところを
明らかにして、「喩於義ぎにさとる」の意味を「解さとる」、
すなわち「理解」しようとするあまり、
いたずらに紙幅を汚してしまったぁ…(反省)。

 そこで、「比喩ひゆ」の「喩」、すなわち「さとる」とは?
と『角川新字源』を検索した結果は以下の通り。

【喩】ユ 意味(形声。音符兪、うつしかえる
意→輸ユ/シュ
①さとす。おしえさとす。同義語:諭
②さとる。さとり。→付・同訓異義

 んっ、「さとる」の意味を知りたければ、
同書(『角川新字源』)付録の「同訓異義」を見よとあるので、
付録の「さとる」を見れば、以下のような文言が。

【喩・諭】ゆ 人にものを合点するようにさとし、自分の心にのみこみ、明らかになる。
「覚」「悟」のように、たちまちさとるのではない。
〔論・里仁〕「君子喩於義」

 う~ん、
「自分が分かっていれば、相手も分かるはず!」
という自己中では、【喩・諭】、すなわち、「さとる」にはならない!

相手が合点するように、さとるように、明らかにせよ。
それが、【喩】ゆ の意味だ!
と、同書(『角川新字源』)には記載されている。

 では、その視点に立って、
冒頭の話の続きを。

 「夢を持て!」と若い求職者に
教え諭さとすYさんは、以下のように続ける。

「最近の若者が就職できない理由の1つは、
コミュニケーション不足だ」と主張して、

「その理由は家庭のしつけにある!」
と述べた後で、具体的には家庭内での挨拶、

すなわち、家庭内で朝の挨拶や就寝前の挨拶、
つまり、「親子の間や夫婦間で『おはようございます』
とか、『おやすみなさい』の挨拶が、交わされていない!
それがために、最近の若者は就職できないし、元気がない。

これが現代の若者の姿であり、就職に困る若者の
主たる要因でもあり、原因である」と結論付ける。

そしてその後、Yさんは
以下のような言葉を付け足す。

「我が家では、子どもが朝起きれば『おはようございます』
といい、寝る前には必ず、『おやすみなさい』という」と。

 では、Yさん宅においては、
夫婦間の挨拶は!?

という問いについては、残念!

私は肝心・要のところ、すなわち要点を
聞き漏らしてしまったぁ~(^_^;)

 かよう(このよう)に語るYさんは、
果たして、君子、それとも小人!?

つまり、「義に喩さとる」人?
それとも、「利に喩さとる人」なのであろうか…。

言葉を換えれば、Yさんは若者の自立や自活のための
応援・支援者なのであろうか?

それとも、Yさんは自らの売り上げアップ!
すなわち、利益優先のためだけに、
若い求職者を諭さとしているのであろうか…。

未熟な私には、どうみても、
後者のように思えて仕方ないのであるが…。

 では、あなたにお伺いします。

あなたの小言や説教は、相手のため?
それとも、あなた自身の気持ちや感情を落ち着かせるため!?

あるいは、あなたの賢明さを周りの人々にひけらかしたい!
そのためだけ…。

つまり、あなたの小言や説教は、相手のため、
それとも、あなた自身のため?

 さ~て、どっち!?

« 曲肱之楽(きょくこうのたのしみ) | トップページ | 喩於義(ぎにさとる) »

コメント

宇野先生の論語新釈で朱子語類の引用に接し、
意味がわからず、検索していたら、こちらにたどり着きました。
宇野先生の本の内容を、出展すら明示せずに引用したりしてるブログが多い中、
しっかり勉強されて、その成果をまとめて下さっていて、大変参考になりました。
お礼申し上げます。

おおうち 様
コメントありがとうございました。

「しっかり勉強されて、
その成果をまとめて下さって」との
過分なお言葉ありがとうございます。

ちなみに小生はコレクター、
すなわち収集癖が強く、

自らの腑に落ちるまで、市販本を渉猟し、
その検索結果と過程を記事にしているだけ
なのですが…。

もし、おおうち様のお役に立てたのであれば、
嬉しい限りです。

ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「喩於義(ぎにさとる)」解説ページ :

« 曲肱之楽(きょくこうのたのしみ) | トップページ | 喩於義(ぎにさとる) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ