リンク集

« 力不足者(ちからのたらざるもの) | トップページ | 加(しの)ぐ »

2016年12月17日 (土)

「加(しの)ぐ」解説ページ

1610095 画像は秋田の友人からの
プレゼントです。

 私は、周りの人々から、
「ああせえー、こうせえー」と、
上から目線で言われることを好まない。

が、指示待ち人間ともなれば
話は別格のようで…。

ゴルフコンペのラウンド中にも拘らず、
一打毎に、「Aさん教えてぇー」などと言い、
同伴者からの一言、 

すなわち、指示(アドバイス?)を
待っている人を見かけることがある。

そんな彼女(指示待ち人間)とは露知らず、
彼女のナイスショットを目の当たりにした
パートナーの一人が、次のような言葉を。

「Mさんのご主人は、上手いけんなぁー。
そのご主人に教えてもらいよるけん、
Mさんもやっぱり上手いんやなぁ~」と。

すると、この言葉を耳にした彼女は、
間髪入れず、次のように答える!

という話の続きは
後段のお楽しみ。

 先ずは、『論語』 吉川幸次郎(著) 中国古典選3 
朝日文庫からの引用を主に始まる、以下の一章
(公冶長こうやちょう第五 第12章)を篤とくとご覧あれ~♪

 最初に、訓読(読下し文)を。

子貢しこうわく、
れ人ひとの我れを加しのぐことを
ほっせざる也なり
れも亦た人ひとを加しのぐ無からんと
ほっす。
わく、
や、爾なんじの及およぶ所ところ
らざる也なり

 次に、現代訳を。

弟子の子貢しこうが言った。
「私は他人が私の領域を侵すことを好みません。
私もまた、他人の領域を侵さないよう心がけます」。
孔子が言った(先生がおっしゃいました)。
「賜(子貢の実名)よ、お前のできることではないよ」と。

 続いて、吉川博士の解説を。

・加の字は、加しのぐと読み、
物質的、精神的な暴力、ないしは圧力を、
人に加えることを意味する。

まえの里仁篇第四の、不仁を悪にくむ者は、
不仁者をして其の身に加えしめず詳しくはこちら
「力不足者」解説ページ
、の加である。

・子貢が、いった。
私は、人が私に、暴力を加えることを、
欲しない。

それとともに、私も人に、暴力を加える
ことを欲しない。

子貢のこの言葉を聞いて、
孔子は、いった。

子貢よ、それはむつかしいことであって、
お前にできることではない。

・古注の意味は、皇疏の敷衍によっても、
また邢疏の敷衍によっても、右(上述)の
ようであり、

私はずっとそのように、この条を読んで
来たが、朱子の新注では、

人の我に加うることを欲せざることを、
吾れも亦た人に加うること無からんと欲す、
と読む。

つまり、下論顔淵篇第十二、および
衛霊公篇第十五に、二度見えるところの、

己所欲、勿於人

己れの欲せざる所を、
人に施すこと勿かれ、の意味であるとし、

劉宝楠の「正義」なども、
その影響のもとにある。

なるほど、はじめの句の第一字が
我であり、二句目の第一字が
吾であるところから見て、二句は

何か複雑な関係でつらなっている
のかも知れぬが、

私は、しばらく、読みなれたままに
読んでおく。

 う~ん、
「加」と言う字は、凌しのぐと読むのか、
それとも、加えると読むのか…?

と、『角川新字源』にて検索してみた
結果は、以下の通り。

【加】くわえる。くわわる

意味①くわえる。くわわる。
    ア. かさねる(重)。かさなる。
    イ. 増す。ふやす。「附加」
    ウ. おおう。さかんになる。
    エ. しのぐ。たかぶる。〔論・公冶長〕
      「吾亦欲諸人」 
      同義語:駕
    オ. こえる。かつ。
    カ. 仲間にはいる。「参加」
    キ. のせる。おく。

 おぉ~、
この辞書によれば、
「加」(くわえる)とは、

「しのぐ」と言う意味も含んでおり、
また「しのぐ」とは、「駕」と同じ意味だという。

 では、「駕」とは?

と、同書(『角川新字源』)にて
検索した結果は次の通り。

【駕】
意味④しのぐ(陵)
意味⑤くわえる。同義語:加

 じゃあ、
「加」=「駕」「陵」「凌」で、「しのぐ」、
すなわち「侵す。犯す。おしのける」意味…?

また、「加」の意味の、「しのぐ」の用例として、
同書(『角川新字源』)にはこの論語の一条が、
次のように記載(引用)されているし…。

吾亦欲諸人

さらに、吉川博士はこの一条を、
次のように読んでおられるし…。

「吾れも亦た人ひとを加しのぐ無からんと欲ほっす」

 ならば、他の市販本(論語に関する本)には
どのような記載が…?

と、思い、朱子の新注が記されているという
『論語新釈』(宇野哲人 講談社学術文庫)を
開いて見た結果は、以下の通り。

「吾われも亦またこれを人ひとに加くはふること
きを欲ほっす」と読んで、

「自分もまた諸これ(自分が他人からされることを
好まないような事柄)を他人にしないようにしたい
と思います。」という現代訳が付されている。

 また、この本(『論語新釈』)では、
「加くはふ=施す」と言う「語釈」も記されている。

が、先の辞書(『角川新字源』)には、
「加える」=「施す」という意味は
見当たらない。

でも、「施す」とは、
「加工する」ことであり、手を「加える」こと。

ならば(そのように解釈すれば)、
「加える」=「施す」でもいいのかなぁ…。

そして、「我」と「吾」の違いについて、
前述の本(『論語新釈』)には、次のような「語釈」が。

○我=彼と対する語
○吾=自己をさす語。

 う~ん、
一知半解!

すなわち「生かじり」、
あるいは、「十分に理解していない」というか、
消化不良であり、私の腑には落ちない。

そこで、『角川新字源』を開いてみれば…。
以下のような記載が。

・【吾】ゴ 
なりたち]自称の代名詞に用いる。
意味われ。自分。
意味②~④は転載を割愛。

・【我】われ わ 
意味われ。自称の人称代名詞に
用いる。
    ア.われわれ。
    イ.わたくし。わたし。
意味②~④は転載を割愛。

この辞書によれば、吾=自分(自己)で、
「吾」とは、「自己をさす語」という
前述の本の「語釈」に、納得!

また、ここ(この一章)の「我」とは、
「一人称のわれ」であり、
「話し手」である子貢しこう自身のことであるが…。

「人称」とは、ご存知の通り
一人称(話し手)、二人称(聞き手)、
三人称(第三者)のこと。

そこで、いま、ここでの気づき、
すなわち、この辞書(『角川新字源』)を
見ての気づきは、

「我」とは、皆、すなわち、誰もであり、

誰もが嫌がることは、
私も、相手も、また第三者であっても、
そのような(誰もが嫌がる)ことをされるのは望まない!

などという解釈(屁理屈?)を並べ立てれば、
それはもう、独善、すなわち独り善がりで、
読者はうんざり。辟易!

 では、冒頭の続きを。

同伴者から、「上手」だと褒められたMさんは、
即座に、次のような言葉を返す。

「うち、ちっとも、主人に教えてもらうたこと無いし、
うちの主人はちっとも教えてくれん!

私はここで(親睦ゴルフコンペのゴルフ場にて)、
Aさんに教えてもらいよるだけよっ!」と。

 この二人のやり取りを
傍らで耳にした私の感想はと言えば…。

「蓼たで食う虫も好き好き!」。

すなわち、私が嫌がることを、
Mさんは好み、喜ぶ。

この違いは、
「ありがたい」と思う(感じる)心と
「迷惑」と感じる(思う)心との差?

あるいは、Aさんを
「優しい人。いい人」と思い込んでいる人と、

「うるさい。あつかましい。おしゃべりなオッサン」
と思い、そのアドバイスにうんざりしている者との違い?

それとも、Aさんのアドバイスを
「信じる人」と、「信じない者」との差!?

否、、彼、Aさんは
「フェミニスト」!?

すなわち、女性に甘い男で、女性と野郎とでは、
その言葉(アドバイス)にも、また対応にも
雲泥の差が!?

 いや、いや、少し視点を変えて
彼、Aさんの立場に立てば、
Aさんは次のように思って(考えて)いる。

・「人に教える=自らが上達・成長する近道」?
・「誰もが、自分に『教えて欲しい』と望んでいる」?
・「誰よりも、自分が一番上手だ!」と思い込んでいる?

すなわち、彼、Aさんは
人間の多様性を認めようとしない!

言葉を換えれば、Aさんは
人間の多様性を否定する人?

 ちなみに、私は彼、Aさんには、
次のように伝えているのであるが…。

「自分(Aさん自身)の解釈を加えずに、
見えた・聞こえた事実のみを
私に返して(伝えて)やっ!」と。

すると、過日、とある練習場にて、
Aさんは後ろの打席から、
次のようなFB(フィードバック)を私に!

「足元がフラフラしよる。
後ろから見とったらよう分からい。

もっと、踏ん張らにゃ!」と、
解釈付きで。

が、この時のAさんの一言に対して、
私は「加しのぐ」、すなわち「私の領域が侵された」
とも、あるいは言葉の暴力とも、私は感じなかった。 

さては、Aさんは成長した!?
そして、私も成長した?

否、いつの間にか、
私は指示待ち人間に成り下がってしまった…?

 では、あなたにお伺いします。

あなたは、誰のどんな言葉に対して
プレッシャーや言葉の暴力を感じています?

« 力不足者(ちからのたらざるもの) | トップページ | 加(しの)ぐ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「加(しの)ぐ」解説ページ:

« 力不足者(ちからのたらざるもの) | トップページ | 加(しの)ぐ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ